石黒宗麿買取に関する情報を提供するページ
石黒宗麿買取に関する情報を提供するページ

石黒宗麿情報の目次

このページでは次のように石黒宗麿の情報を紹介します

石黒宗麿作品の買取相場例一覧

人間国宝石黒宗麿作品の買取相場例一覧

当サイトは【骨董品・古美術買取ガイド】と名乗っている事もありますので、まずは石黒宗麿作品の買取相場から紹介したいと思います。

「人間国宝である石黒宗麿の作品」と言っても、茶碗や徳利、壺など幅広い種類の作品があり、状態や作風によっても買取相場は異なります。

ですので、まずは過去の石黒宗麿作品の取引事例を基に、様々な「石黒宗麿」の作品がどれくらいの買取価格になるのかをご紹介します。

石黒宗麿作品の買取相場一覧
作品 状態 買取相場
石黒宗麿作:絵唐津茶碗(高さ7.2cm・幅13.1cm) 良好/在印銘/箱有 21000円~34000円
石黒宗麿作:黒釉茶碗(高さ7.5cm・幅12.4cm) 良好/在印銘/共箱 36000円~49000円
石黒宗麿作:絵志野茶碗(高さ7.6cm・幅13.6cm) 良好/在印銘/共箱 22000円~35000円
石黒宗麿作:唐津茶碗(高さ6.1cm・幅16.9cm) 良好/在印銘/箱有 18000円~30000円
石黒宗麿作:黒釉平茶碗(高さ7.1cm・幅14.5cm) 良好/在印銘/共箱 14万円~31万円
石黒宗麿作:鉄釉徳利(高さ18.5cm・幅8.1cm) 良好/在印銘/箱有 46000円~87000円
石黒宗麿作:絵唐津茶碗(高さ4.3cm・幅5.2cm) 良好/印銘有/共箱 19000円~29000円
石黒宗麿作:青釉壺(高さ18.5cm・幅18.9cm) 小傷/印銘/共箱 82000円~11万円
石黒宗麿作:三島茶碗(高さ5.3cm・幅14.3cm) 難有/箱有 23000円~34000円
石黒宗麿作:黒釉花入(高さ22.5cm・幅22.1cm) 良好/印銘有/合せ箱有 28000円~49000円

石黒宗麿作品
買取相場補足情報

人間国宝である石黒宗麿作品の買取相場は、状態がよければ概ね1~2万円以上の買取相場は十分に期待できるでしょう。石黒宗麿は作品の幅が広いため相場もかなり広くなるのですが、それでも1万円以上の買取価格が付く品も多いです。

そして、過去の取引事例から考えると、特に高い石黒宗麿作品は単体で30万円~40万円程の買取価格が期待できる作品もあります。

ですが、素人が一見して石黒宗麿作品の買取相場を算出することは難しいので、手軽かつ正確に人間国宝石黒宗麿作品の買取価格を調べる方法も紹介しておきます。

石黒宗麿作品の正確な買取価格の調べ方

石黒宗麿作品の正確な買取価格の調べ方

石黒宗麿作品の買取価格例をいくつか紹介しましたが、個人でも簡単かつ正確に石黒宗麿作品の買取価格を調べる方法があります。

それは、骨董品買取業者の無料メール査定を活用する事で石黒宗麿の買取価格を簡単に特定できます。

WEB査定におすすめの骨董品買取業者は次の業者を参考にしてください。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、骨董品買取では特におすすめしている買取業者です。

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

石黒宗麿について

石黒宗麿について

石黒宗麿は1893年4月14日に富山県にて生まれた陶芸家であり、鉄釉陶器の分野にて日本初の人間国宝に認定された陶芸家です。

では、概要はここまでにして石黒宗麿という陶芸家がどういう人物だったのかをまとめてご紹介いたします。

人間国宝の理由

石黒宗麿は日本に「人間国宝」の制度が設けられた1930年に人間国宝に認定された陶芸家です。つまり最初の人間国宝の1人だったということになります。しかも、人間国宝に認定されている陶芸家の中には、陶芸家紋の出身が多い中で、石黒宗麿は陶芸とは全く縁のない家庭に生まれたという点でユニークな存在だったとも言えます。

石黒宗麿の生い立ち

石黒宗麿は1893年に富山県射水市で生まれました。父親の存在は知らず、再婚した母親の相手とは気が合わなかったと言われており、そのためか中学でもストライキなど不祥事を起こし退学させられています。

その後も不安定な、ある意味自由奔放な生活を送りますが、25歳の時に東京美術クラブで「稲葉天目茶碗」を見たことで感銘を受け、陶芸の道に進むことを決意します。(稲葉天目茶碗は中国の南宗時代に作られたもので世界中で4点しか残っておらず、そのすべてが日本にあり3点は国宝、1点が重要文化財に指定されています。)

その後の経歴・人物

陶芸家になる決意をした石黒宗麿は上京し窯を築いて陶芸の研究を始めますが、その後金沢、続いて京都に引っ越し、京都で最も影響を受けた小山富士夫に出会います。ただ石黒宗麿は特定の師に付くことをあえてせず、最後まで独学で自らの技法を生み出していきました

また中国や朝鮮半島にも積極的に出かけ、若いころに感銘を受けた天目茶碗の極意も学びました。「評伝 石黒宗麿異端に徹す」は彼の生き方を綴った書籍ですが、彼の人生は、この題名の通り、まさに異端、言いかえれば自分に忠実に生きた人生だったと言えるようです。

石黒宗麿の技法

石黒宗麿が人間国宝に認定された理由は彼の優れた「鉄釉陶器」の技法にあります。この技法は中国の天目陶器で使われる技法ですが、この技法をさらに独自のものとして開発し品格の高い陶器を造り出したことが認められました

また戦後には、「チョーク釉」の技法も確立していきました。この技法は、棒状に固めた絵具を使って絵付けを行う技法ですが、ユニークな方法として知られています。

石黒宗麿の作品

石黒宗麿の作品の中で一番有名なのが「木葉天目茶碗」です。これは黒釉を塗った地に木の葉を焼きつけた茶碗で、再現することは不可能とされていたものですが、それを見事再現したため石黒宗麿の名前は日本中に知れ渡るようになりました。

その他落ち着きのある茶緑色の「白濁椀」や ごつい感じでシンプルな筆の動きを表現した「銕絵平茶碗」などがあります。

人間国宝買取に関する情報一覧

人間国宝に関する情報一覧

このページでは骨董品に関連の深い人間国宝を一覧で紹介しています。一覧から人間国宝名をクリックすると、その人間国宝の詳細情報や作品の買取情報を紹介しています。

また、当サイトでは人間国宝一覧ページ以外にも「日本画家一覧」「洋画家一覧」「中国作家一覧」「陶芸家一覧」ページがございますので、そちらも参考にしてください。

各作家情報の一覧はこちら

種類別で紹介!骨董品の買取情報

種類別で紹介!骨董品の買取情報

当サイトは石黒宗麿を始めとした作家に関する買取情報以外にも、幅広い骨董品の買取相場や詳細情報をご紹介しています。

※骨董品買取業者は「古くて価値があれば基本買取してもらえます」ので、上記以外の骨董品も買取してもらう事も可能です。

ページのトップへ