原清買取に関する情報を提供するページ
原清買取に関する情報を提供するページ

原清情報の目次

このページでは次のように原清の情報を紹介します

原清作品の買取相場例一覧

人間国宝原清作品の買取相場例一覧

当サイトは【骨董品・古美術買取ガイド】と名乗っている事もありますので、まずは原清作品の買取相場から紹介したいと思います。

「人間国宝である原清の作品」と言っても、茶碗や壺、皿など幅広い種類の作品があり、状態や作風によっても買取相場は異なります。

ですので、まずは過去の原清作品の取引事例を基に、様々な「原清」の作品がどれくらいの買取価格になるのかをご紹介します。

原清作品の買取相場一覧
作品 状態 買取相場
原清作:鉄釉水指(高さ19cm・幅17.8cm) 良好/共箱 11000円~24000円
原清作:緑磁香炉(高さ11.4cm・幅11.5cm) 良好/在印銘/共箱 13000円~35000円
原清作:鉄釉花瓶(高さ22.1cm・幅22.8cm) 良好/在印銘/共箱 25000円~48000円
原清作:黒釉花瓶(高さ25.1cm・幅23.5cm) 良好/在印銘/共箱 85000円~13万円
原清作:灰釉茶碗(高さ7.5cm・幅13.7cm) 良好/在印銘/共箱 8000円~18000円
原清作:釣窯青壺(高さ36.8cm・幅35.1cm) 窯切れ有/在印銘/共箱 26000円~51000円
原清作:白釉丸皿(高さ6.3cm・幅37.8cm) 良好/在印銘/共箱 7000円~22000円
原清作:鉄釉水指(高さ18.5cm・幅14.6cm) 釉薬削げ有/在印銘/共箱 24000円~53000円
原清作:唐津風茶碗(高さ8.4cm・幅14.1cm) 良好/在印銘/共箱 5000円~16000円
原清作:緑釉壺(高さ27.1cm・幅24.2cm) 良好/在印銘/共箱 13000円~24000円

原清作品
買取相場補足情報

人間国宝である原清作品の買取相場は、状態がよければ概ね5000円以上の買取相場は十分に期待できるでしょう。原清は釉薬の使い方や作風が非常に多彩であるため、作品によって買取価格も非常に幅広くなります。

そして、過去の取引事例から考えると、特に高い原清作品は単体で10万円~20万円程の買取価格が期待できる作品もあります。

ですが、素人が一見して原清作品の買取相場を算出することは難しいので、手軽かつ正確に人間国宝原清作品の買取価格を調べる方法も紹介しておきます。

原清作品の正確な買取価格の調べ方

原清作品の正確な買取価格の調べ方

原清作品の買取価格例をいくつか紹介しましたが、個人でも簡単かつ正確に原清作品の買取価格を調べる方法があります。

それは、骨董品買取業者の無料メール査定を活用する事で原清の買取価格を簡単に特定できます。

WEB査定におすすめの骨董品買取業者は次の業者を参考にしてください。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、骨董品買取では特におすすめしている買取業者です。

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

原清について

原清について

原清は1936年2月28日に島根県にて生まれた陶芸家であり、鉄釉陶器にて重要無形文化財保持者の一人として人間国宝に認定された陶芸家です。

では、概要はここまでにして原清という陶芸家がどういう人物だったのかをまとめてご紹介いたします。

原清の人間国宝の理由

原清は「鉄釉陶器」の技法を用いて、主に黒と褐色の色を使った作品を多く生み出した陶芸家です。2005年にその独自の技法が評価され、重要無形文化財保持者として人間国宝に認定されています。いまだ健在で、精力的な仕事ぶりは高く評価されています。

原清の生い立ち

原清は1936年に現在の島根県斐川町に生まれました。この地域は出雲と呼ばれる地域で、港には陶器を乗せた船が寄港することもあり、子供の頃から陶器に親しむ機会がありました。

陶芸の道に進むことを決意したのも、登校中に拾った陶器の破片が大変美しかったことから魅了されたからだと言われています。高校を卒業すると、京都で2人の人間国宝、石黒宗麿と清水卯一に師事し鉄釉薬陶器の技法を学びました。

その後の経歴・人物

原清が世に知られるようになったのは、22歳の時に出展した「第5回日本伝統工芸展」で入選したことがきっかけでした。その後、東京で独立し陶芸を続け、1969年には「16回日本伝統工芸展」で日本工芸会会長賞を受賞しました。

原清は2人の師から受け継いだ技法を活かしながらも独自の鉄釉薬技法を開発するために、より良い陶芸環境を求めて埼玉県に引っ越しました。何度も失敗しながら新しい技法を生み出すまでの努力が実り、その後も多くの賞を獲得していきます。

原清の技法

原清が用いた陶芸技法は鉄釉と言われています。これは釉薬の中の鉄分を調整して黒や褐色の色を出す技法ですが、原清は特にこの2つの色に集中しました。そして、例えば風に揺らぐ草花や草原を駆ける馬など、シンプルでありながらスケールの大きさを感じさせる大柄な文様を描く作風を生み出しました。

原清の作品

原清は製作した作品の多くを茨城県陶芸美術館に寄贈しています。その数70点にものぼります。原清の代表作としては1969年に伝統工芸新作展で優秀賞を受賞した「鈞窯の壺」や1997年に日本伝統工芸展で優秀賞に輝いた「鉄釉鳥文大鉢」などがあります。

また、1994年には埼玉県寄居町役場のエントランスホールに陶壁を完成させています。この陶壁には「希望」というタイトルが付けられています。

作家情報の一覧

作家情報の一覧

当サイトでは幅広く「人間国宝」「日本画家」「洋画家」「中国作家」「陶芸家」について買取相場や詳細情報を紹介しています。

次のページで作家を一覧で紹介しています。

各作家情報の一覧

種類別で紹介!骨董品の買取情報

種類別で紹介!骨董品の買取情報

当サイトは原清を始めとした作家に関する買取情報以外にも、幅広い骨董品の買取相場や詳細情報をご紹介しています。

※骨董品買取業者は「古くて価値があれば基本買取してもらえます」ので、上記以外の骨董品も買取してもらう事も可能です。

ページのトップへ