濱田庄司買取に関する情報を提供するページ
濱田庄司買取に関する情報を提供するページ

濱田庄司情報の目次

このページでは次のように濱田庄司の情報を紹介します

濱田庄司作品の買取相場例一覧

人間国宝濱田庄司作品の買取相場例一覧

当サイトは【骨董品・古美術買取ガイド】と名乗っている事もありますので、まずは濱田庄司作品の買取相場から紹介したいと思います。

「人間国宝である濱田庄司の作品」と言っても、鉢や茶碗、花入など幅広い種類の作品があり、状態や作風によっても買取相場は異なります。

ですので、まずは過去の濱田庄司作品の取引事例を基に、様々な「濱田庄司」の作品がどれくらいの買取価格になるのかをご紹介します。

濱田庄司作品の買取相場一覧
作品 状態 買取相場
濱田庄司作:藍色釉壷(高さ20.1cm・幅17.6cm) 難あり(直し有)/共箱 11000円~28000円
濱田庄司作:灰釉花瓶(高さ14.6cm・幅18.7cm) 良好/共箱 29000円~32000円
濱田庄司作:柿釉花瓶(高さ24.1cm・幅21.5cm) 良好/共箱 42000円~85000円
濱田庄司作:塩釉茶碗(高さ9.3cm・幅14cm) 良好/共箱 23000円~35000円
濱田庄司作:白釉花入(高さ27.5cm・幅11.1cm) 良好/共箱 12000円~38000円
濱田庄司作:黒釉抜絵茶碗(高さ10.7cm・幅27.6cm) 良好/箱有 31000円~46000円
濱田庄司作:海鼡釉大鉢(高さ11.4cm・幅42.8cm) 良好/共箱 32万円~70万円
濱田庄司作:柿釉絵茶碗(高さ22.5cm・幅20cm) 良好/共箱 11万円~23万円
濱田庄司作:琉球窯土瓶(高さ16.2cm・幅17.5cm) 良好/共箱/展覧会出展作 15万円~29万円
濱田庄司作:柿釉角盛皿(高さ7.5cm・幅31.7cm) 難有り/箱有 53000円~75000円

濱田庄司作品
買取相場補足情報

人間国宝である濱田庄司作品の買取相場は、状態がよければ概ね1万円以上の買取相場は十分に期待できるでしょう。

そして、過去の取引事例から考えると、特に高い濱田庄司作品だと、単体で80万円~100万円近い買取価格が期待できるような作品もあります。大皿や大鉢などの大型作品かつ、文献掲載作品や展覧会出展作などの有名な品だと買取価格は高額になる傾向にあります。

ですが、素人が一見して濱田庄司作品の買取相場を算出することは難しいので、手軽かつ正確に人間国宝濱田庄司作品の買取価格を調べる方法も紹介しておきます。

濱田庄司作品の正確な買取価格の調べ方

濱田庄司作品の正確な買取価格の調べ方

濱田庄司作品の買取価格例をいくつか紹介しましたが、個人でも簡単かつ正確に濱田庄司作品の買取価格を調べる方法があります。

それは、骨董品買取業者の無料メール査定を活用する事で濱田庄司の買取価格を簡単に特定できます。

WEB査定におすすめの骨董品買取業者は次の業者を参考にしてください。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、骨董品買取では特におすすめしている買取業者です。

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

濱田庄司について

濱田庄司について

濱田庄司は1894年12月9日に神奈川県にて生まれた陶芸家であり、民芸陶器にて重要無形文化財保持者の一人として人間国宝に認定されました。民芸運動の熱心な活動家でもあり、柳宗悦、富本憲吉、バーナード・リーチなどと親しかったことでも知られます。

では、概要はここまでにして濱田庄司という陶芸家がどういう人物だったのかをまとめてご紹介いたします。

人間国宝の理由

濱田庄司は1955年に「民芸陶器」で重要無形文化財として人間国宝に認定された陶芸家です。

民芸陶器とは、日常的な生活の中で使われる陶器のことで、こうした陶器の中に「用の美」を見つけ出そうという運動が民芸運動です。濱田庄司はこの運動を始めた人でもありました。

濱田庄司の生い立ち

濱田庄司は1894年、現在の神奈川県川崎市に生まれました。高校は東京府立一中(現在の日比谷高校)でしたが、この頃から陶芸に興味を持ち始めました。そのため、高校を卒業すると、東京工業学校(今の東京工業大学)に入学し窯業を学びます。

卒業後は京都の陶芸試験場で釉薬の研究に励みますが、この頃にバーナード・リーチ初め、人間国宝に認定された富本憲吉、柳宗悦らに出会い大きな影響を受けます

その後の経歴・人物

濱田庄司はバーナード・リーチが英国に戻る際に同行し、英国で初の展覧会を開いています。その後、自らが残した言葉「京都で道をみつけ、英国で始まり、沖縄で学び、益子で育った」でもわかるように、沖縄にも一時滞在しましたが、最終的には益子で落ち着くことになります。彼はこの益子で人間国宝に結び付く民芸運動を始めます。

また濱田庄司は陶芸家としてだけでなく陶器の蒐集家としても知られており、中国、ヨーロッパなど世界各地から陶器を集めました。濱田庄司は自身の子供たちにも多大な影響を与え、次男の濱田晋作、三男の濱田篤哉、そして孫の濱田友緒が現在陶芸家として活躍しています。

濱田庄司の技法

濱田庄司の作品には益子の土と釉薬を使い手動の轆轤で作るシンプルなものが多く、塩釉を使ったりその釉薬を流掛けにして文様を作る技法を得意としていました。また黍文(きびもん)と呼ばれる素朴でユニークな文様も創作しました。

流し掛けは直線的なものもあれば流形型のものもありますが、これは特に大皿に使われた技法です。

一方、黍文は湯呑に使われることが多く、中でも白い余白に赤系統の絵具で描いた黍文は、濱田庄司が沖縄で学んだ技法でもあり、彼の作品の最も顕著な特徴になっています。

濱田庄司の作品

濱田庄司の作品には塩釉を使った「塩釉押文花瓶〈しおぐすりおしもんかびん〉」や鉄色のベースに対照的なトルコ石のような青色を入れた長方形の器「柿釉青流描角鉢〈かきぐすりあおながしがきかくばち〉」、そして、同じくトルコ石のような青をベースに使いその上に白と黒で「十文字」を描いた「青釉押文十字掛角皿〈あおぐすりおしもんじゅうじがけかくざら〉」などがあります。

作家情報の一覧

作家情報の一覧

当サイトでは幅広く「人間国宝」「日本画家」「洋画家」「中国作家」「陶芸家」について買取相場や詳細情報を紹介しています。

次のページで作家を一覧で紹介しています。

各作家情報の一覧

種類別で紹介!骨董品の買取情報

種類別で紹介!骨董品の買取情報

当サイトは濱田庄司を始めとした作家に関する買取情報以外にも、幅広い骨董品の買取相場や詳細情報をご紹介しています。

※骨董品買取業者は「古くて価値があれば基本買取してもらえます」ので、上記以外の骨董品も買取してもらう事も可能です。

ページのトップへ