藤原雄買取に関する情報を提供するページ
藤原雄買取に関する情報を提供するページ

藤原雄情報の目次

このページでは次のように藤原雄の情報を紹介します

藤原雄作品の買取相場例一覧

人間国宝藤原雄作品の買取相場例一覧

当サイトは【骨董品・古美術買取ガイド】と名乗っている事もありますので、まずは藤原雄作品の買取相場から紹介したいと思います。

「人間国宝である藤原雄の作品」と言っても、茶碗や水指、徳利など幅広い種類の作品があり、状態や作風によっても買取相場は異なります。

ですので、まずは過去の藤原雄作品の取引事例を基に、様々な「藤原雄」の作品がどれくらいの買取価格になるのかをご紹介します。

藤原雄作品の買取相場一覧
作品 状態 買取相場
藤原雄作:備前焼花入れ(高さ26.3cm・幅11.2cm) 良好/在印銘/共箱 21000円~33000円
藤原雄作:備前焼徳利(高さ10.5cm・幅7.9cm) 良好/在印銘/共箱 12000円~28000円
藤原雄作:備前焼茶碗(高さ8.5cm・幅11.4cm) 良好/在印銘/共箱 8000円~15000円
藤原雄作:備前焼大壺(高さ35.6cm・幅36.8cm) 小傷/在印銘/共箱/展覧会出展作 15万円~25万円
藤原雄作:備前焼壺(高さ32.5cm・幅32.6cm) 良好/在印銘/共箱 80000円~13万円
藤原雄作:備前焼水指(高さ19.1cm・幅19.6cm) 難有/在印銘/共箱/展覧会出展作 35000円~68000円
藤原雄作:備前焼花入(高さ22.3cm・幅8.8cm) 小傷/在印銘/共箱 7000円~26000円
藤原雄作:備前焼酒杯(高さ6.4cm・幅7.2cm) 難有/在印銘/共箱 6000円~15000円
藤原雄作:備前焼窯変花入(高さ26.3cm・幅11.7cm) 良好/在印銘/共箱 72000円~11万円
藤原雄作:備前焼徳利(高さ11.6cm・幅9.5cm) 良好/在印銘/共箱 5000円~14000円

藤原雄作品
買取相場補足情報

人間国宝である藤原雄作品の買取相場は、状態がよければ概ね1万円以上の買取相場は十分に期待できるでしょう。品物や状態によっては1万円を下回る買取価格になることも多いのですが、逆に大作や展覧会出展作、文献掲載品や書付がある作品は買取価格も高額になるケースがあります。

そして、過去の取引事例から考えると、特に高い藤原雄作品は単体で20万円~30万円程の買取価格が期待できる作品もあります。

ですが、素人が一見して藤原雄作品の買取相場を算出することは難しいので、手軽かつ正確に人間国宝藤原雄作品の買取価格を調べる方法も紹介しておきます。

藤原雄作品の正確な買取価格の調べ方

藤原雄作品の正確な買取価格の調べ方

藤原雄作品の買取価格例をいくつか紹介しましたが、個人でも簡単かつ正確に藤原雄作品の買取価格を調べる方法があります。

それは、骨董品買取業者の無料メール査定を活用する事で藤原雄の買取価格を簡単に特定できます。

WEB査定におすすめの骨董品買取業者は次の業者を参考にしてください。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、骨董品買取では特におすすめしている買取業者です。

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

藤原雄について

藤原雄について

藤原雄は1932年6月10日に岡山県備前市にて生まれた陶芸家であり、同じく備前焼の人間国宝「藤原啓」の息子です。1996年、備前焼にて重要無形文化財保持者の一人として人間国宝に認定されました。

では、概要はここまでにして藤原雄という陶芸家がどういう人物だったのかをまとめてご紹介いたします。

人間国宝「藤原雄」とは?

藤原啓は1932年、岡山県備前市に藤原啓・勝代の長男として生まれます。父親である藤原啓も陶芸家であり人間国宝。父親の藤原啓が陶芸家としての道を歩み始めたのが1937年といいますから、藤原雄は誕生した当時は、父親である藤原啓は文学作家として生計を立てていました。

藤原啓も陶芸家の中では異色の経歴を持つ人物をして知られていますが、その息子である藤原雄もまた陶芸家の道をはじめから進んだわけではなく、その経歴は実に父親藤原啓の経歴をたどるような道のりを経て陶芸家の扉を開きます。

藤原雄は、父親である藤原啓がそうであったように、文学や音楽に興味を持ち熱中した青年期を送ります。視力が弱く、右目が0.03、左目はまったく視力がないという身体の不自由さを抱えながらも、父藤原啓が健常児と同じ教育をすることにこだわったといいます。

1951年、藤原雄は、明治大学文学部日本文学科に進学し、卒業後は「みすず書房」に就職します。ここまでの経歴は、まさに父藤原啓を彷彿とさせる経歴で、父子共に文学に造詣が深かったことが分かります。

しかしながら藤原雄は出版社の社員として勤務を始めた矢先、父藤原啓の病気のために帰郷。当初は仕事を休職していたものの帰郷した際、小山富士夫に備前焼を勧められ父に師事し技法を学びはじめることとなります。

この時、藤原雄23歳。陶芸の道に入り3年目の1958年、日本伝統工芸展に初入選をするとその後も技術を磨き、やがて国内外からも高い評価を受けるようになります。

1996年、藤原雄64歳の時、重要無形文化財「備前焼」保持者に認定され、藤原啓と親子二代に亘っての人間国宝となりました。

力強く男性的な美しさを持つ「焼締め」

藤原雄の世界もまた、父藤原啓の影響を強く受け、古き備前焼の歴史を守りつつも常に新しいことに挑戦した伸びやかで力強い作品が多く存在します。

日本古来の備前焼の伝統にモダンな感性を盛り込み、力強くゆったりとした作品は、備前焼の独特の焼成方法である「焼締め」によりさらに魅力を増し、力強く男性的な美しさを持ちます。

自然のままの趣を大切にする親子二代にわたる作風は、国内のみならず、海外でも高い評価を得続けています。

作家情報の一覧

作家情報の一覧

当サイトでは幅広く「人間国宝」「日本画家」「洋画家」「中国作家」「陶芸家」について買取相場や詳細情報を紹介しています。

次のページで作家を一覧で紹介しています。

各作家情報の一覧

種類別で紹介!骨董品の買取情報

種類別で紹介!骨董品の買取情報

当サイトは藤原雄を始めとした作家に関する買取情報以外にも、幅広い骨董品の買取相場や詳細情報をご紹介しています。

※骨董品買取業者は「古くて価値があれば基本買取してもらえます」ので、上記以外の骨董品も買取してもらう事も可能です。

ページのトップへ