藤原啓買取に関する情報を提供するページ
藤原啓買取に関する情報を提供するページ

藤原啓情報の目次

このページでは次のように藤原啓の情報を紹介します

藤原啓作品の買取相場例一覧

人間国宝藤原啓作品の買取相場例一覧

当サイトは【骨董品・古美術買取ガイド】と名乗っている事もありますので、まずは藤原啓作品の買取相場から紹介したいと思います。

「人間国宝である藤原啓の作品」と言っても、茶碗や水指、徳利など幅広い種類の作品があり、状態や作風によっても買取相場は異なります。

ですので、まずは過去の藤原啓作品の取引事例を基に、様々な「藤原啓」の作品がどれくらいの買取価格になるのかをご紹介します。

藤原啓作品の買取相場一覧
作品 状態 買取相場
藤原啓作:備前焼水指(高さ12.2cm・幅21.5cm) 直し有/在印銘/共箱 8000円~21000円
藤原啓作:備前焼窯変花入(高さ25.8cm・幅11.3cm) 直し有/在印銘/共箱 24000円~32000円
藤原啓作:備前焼香炉(高さ9.7cm・幅8.3cm) 良好/在印銘/共箱 11万円~15万円
藤原啓作:備前焼水指(高さ15.6cm・幅18.3cm) 良好/在印銘/共箱 13000円~35000円
藤原啓作:備前焼徳利(高さ12.6cm・幅9.8cm) 良好/在印銘/書付箱 7000円~24000円
藤原啓作:備前焼壺(高さ31.3cm・幅27.4cm) 良好/在印銘/共箱 95000円~14万円
藤原啓作:備前焼水滴(高さ6.8cm・幅6.5cm) 良好/共箱 35000円~58000円
藤原啓作:備前焼大皿(高さ8.8cm・幅36.4cm) 良好/在印銘 9000円~22000円
藤原啓作:備前焼徳利(高さ12.5cm・幅9.6cm) 小傷/在印銘/共箱 11000円~28000円
藤原啓作:備前焼ひだすき茶碗(高さ6.7cm・幅13.6cm) 良好/在印銘/共箱 13000円~36000円

藤原啓作品
買取相場補足情報

人間国宝である藤原啓作品の買取相場は、状態がよければ概ね8000円以上の買取相場は十分に期待できるでしょう。
小作や状態が悪い品だと1万円以内の買取価格に留まる品もありますが、特に展覧会出展作や書付がついた品などは買取相場も高額になる傾向にあり、中には数十万円単位の買取価格が付く品もあります。
そして、過去の取引事例から考えると、特に高い藤原啓作品は単体で100万円~120万円程の買取価格が期待できる作品もあります。

ですが、素人が一見して藤原啓作品の買取相場を算出することは難しいので、手軽かつ正確に人間国宝藤原啓作品の買取価格を調べる方法も紹介しておきます。

藤原啓作品の正確な買取価格の調べ方

藤原啓作品の正確な買取価格の調べ方

藤原啓作品の買取価格例をいくつか紹介しましたが、個人でも簡単かつ正確に藤原啓作品の買取価格を調べる方法があります。

それは、骨董品買取業者の無料メール査定を活用する事で藤原啓の買取価格を簡単に特定できます。

WEB査定におすすめの骨董品買取業者は次の業者を参考にしてください。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、骨董品買取では特におすすめしている買取業者です。

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

藤原啓について

藤原啓について

藤原啓は1899年2月28日に岡山県備前市にて生まれた陶芸家であり、備前焼の分野にて重要無形文化財保持者の一人として人間国宝に認定されました。

では、概要はここまでにして藤原啓という陶芸家がどういう人物だったのかをまとめてご紹介いたします。

人間国宝「藤原啓」とは?

1970年、重要無形文化財「備前焼」の保持者に認定され、人間国宝となった藤原啓は、陶芸家としては異色の経歴を持つ人物として知られています。

1899年、岡山県備前市に農業を営む藤原伊三郎、世為の三男として誕生し、敬二と名付けられた藤原啓は、少年のころより俳句や小説を好み、その才能を発揮していきます。

1915年には東京にある出版社博文館の主催する「文学世界」に短編を応募するとその作品が1位を獲得。それが縁で1919年に上京すると博文館緒編集部に勤務をはじめ、その傍ら早稲田大学の聴講生となり、ロシア文学、ドイツ文学、シェイクスピアなどを学びますが1年で中退。自らも詩の執筆をはじめ詩集を出版するまでに至ります。

1930年、博文館を辞め作家として歩み始めたものの、自らの文学の力に限界を感じると強度の精神衰弱に陥ったといわれています。

1937年、文学を断念した藤原啓は、40歳という陶芸家としての遅いスタートを切りますが、1948年に国認定の技術保存資格者の資格を受けたことをきっかけに、生涯を作陶に捧げることを決心しました。

伝統的を守りつつモダンな造形美で人々を魅了

40歳という年齢で作陶に生涯をささげることを決意した藤原啓は、金重陶陽や北大路魯山人らにも指導を受け作陶の技術を磨いていきます。特に金重陶陽の古備前復興に藤原啓は尽力し、桃山古備前の技法を真摯に学びました。

古き良き伝統をとことん学んだ藤原啓は、その伝統を基礎に、窯の中で陶器が自然のままに変わりゆく様子を生かしたモダンな造形美を作り出します。装飾は少なく単純で明快、豪放な作風は、藤原啓の持ち味と言われるようになりました。

その作品は師である金重陶陽の作品とは対照的と称されることも多く、端正でありながら、自然のままのおもむき、素朴な風情を大切にした大らかな作品は人々を魅了し続けています。

また歴史ある備前焼において新たな風をもたらし、その後の備前焼を受け継ぐ者たちに多くの影響を与えたといわれています。

作家情報の一覧

作家情報の一覧

当サイトでは幅広く「人間国宝」「日本画家」「洋画家」「中国作家」「陶芸家」について買取相場や詳細情報を紹介しています。

次のページで作家を一覧で紹介しています。

各作家情報の一覧

種類別で紹介!骨董品の買取情報

種類別で紹介!骨董品の買取情報

当サイトは藤原啓を始めとした作家に関する買取情報以外にも、幅広い骨董品の買取相場や詳細情報をご紹介しています。

※骨董品買取業者は「古くて価値があれば基本買取してもらえます」ので、上記以外の骨董品も買取してもらう事も可能です。

ページのトップへ