尾形乾山買取に関する情報を提供するページ
尾形乾山買取に関する情報を提供するページ

尾形乾山情報の目次

このページでは次のように尾形乾山の情報を紹介します

尾形乾山作品の買取相場例一覧

日本画家尾形乾山作品の買取相場例一覧

当サイトは【骨董品・古美術買取ガイド】と名乗っている事もありますので、まずは尾形乾山作品の買取相場から紹介したいと思います。

一口に「日本画家である尾形乾山の作品」と言っても、尾形乾山は陶工としても活躍し、また兄の尾形光琳との合作もあるため作品は非常に幅広く、状態や作風によっても買取相場は異なります。

ですので、まずは過去の尾形乾山作品の取引事例を基に、様々な「尾形乾山」の作品がどれくらいの買取価格になるのかをご紹介します。

尾形乾山作品の買取相場一覧
作品 状態 買取相場
尾形乾山作:黒楽茶碗(高さ9.5cm・幅9.8cm) 良好/書付・箱有 66万円~81万円
尾形乾山作:花文鉢(高さ5.3cm・幅15.1cm) 難有り/箱有 16万円~38万円
尾形乾山作:山水平皿(高さ3.5cm・幅30.5cm) 難有り/箱有 71000円~11万円
尾形乾山作:花文香合(高さ5.1cm・幅5.9cm) 難有り/在銘/合わせ箱有 18万円~23万円
尾形乾山作:山水画茶碗(高さ7.3cm・幅11.5cm) 難有り/文献掲載品/二重箱有 78万円~102万円
尾形乾山作:黒茶碗(高さ9.2cm・幅13.3cm) 良好/書付・二重箱有 69万円~85万円
尾形乾山作:松文香炉盆(高さ2.1cm・幅40.5cm) 難有/極箱有 54000円~11万円
尾形乾山作:茶碗(尾形光琳合作) 良好/在銘/箱有 98000円~13万円
尾形乾山作:草文菓子器(高さ10.2cm・幅19.5cm) 良好/箱有 86000円~15万円
尾形乾山作:黒楽茶碗(高さ8.6cm・幅11.5cm) 良好/在銘/箱付 120万円~155万円

尾形乾山作品
買取相場補足情報

陶工・絵師として活躍した尾形乾山作品の買取相場は、茶碗の場合、状態がよければ概ね5万円以上の買取相場は十分に期待できるでしょう。ただ、尾形乾山の場合は本人作のものや、本人から指示を受けた陶工が作ったもの、そして自称2代・3代と名を継いだ陶工が作ったものなど多岐に渡り、それぞれで買取相場も大きく異なります。

そして、過去の取引事例から考えると、特に高い尾形乾山作品は単体でも100万円前後の買取価格が期待できる作品もあります。

ですが、尾形乾山の作品は偽物や贋作も多く、素人が一見して尾形乾山作品の買取相場を算出することは難しいので、手軽かつ正確に日本画家・陶芸家尾形乾山作品の買取価格を調べる方法も紹介しておきます。

尾形乾山作品の正確な買取価格の調べ方

尾形乾山作品の正確な買取価格の調べ方

尾形乾山作品の買取価格例をいくつか紹介しましたが、個人でも簡単かつ正確に尾形乾山作品の買取価格を調べる方法があります。

それは、骨董品買取業者の無料メール査定を活用する事で尾形乾山の買取価格を簡単に特定できます。

WEB査定におすすめの骨董品買取業者は次の業者を参考にしてください。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、骨董品買取では特におすすめしている買取業者です。

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

尾形乾山について

尾形乾山について

尾形乾山は江戸時代に活躍した陶工・絵師で、兄は画家の尾形光琳です。兄弟仲が良かったことで知られ、兄との合作も多く残されています。

では、概要はここまでにして尾形乾山という画家・陶芸家がどういう人物だったのかをまとめてご紹介いたします。

尾形乾山の軌跡

寛文三年(1663)に京都の高級呉服商、雁金屋の三男として生まれました。6歳年上の兄、尾形光琳と共に裕福な生活を送っていたことから、幼い頃から芸術品に触れることが多く、そのセンスを磨いたとされています。

貞亨四年(1687)に乾山が二十四歳のときに父親が他界し、家業は長男が継ぎ、残りの財産を次男の光琳とで相続しました。派手好きな兄と違い、乾山は書物や学問を愛し質素な生活を好んでしていたそうです。その後野々村仁清から本格的に陶芸を学びます。

元禄十二年(1699)、三十七歳の時二条綱平から京都北西部の鳴滝に山荘を与えられ、そこに窯を開きました。またその場所が都の北西、乾の方角であったことから、乾山と号します。その後五十歳の頃に京都市内に戻り、乾山の器に光琳が絵を入れるという兄弟合作も多く遺し、さらに陶工として名を馳せます

そして享保十六年(1731)六十九歳の時に、江戸入谷に移り住み窯を築きました。更に七十歳を過ぎた頃から絵画の修練を重ねて、次第に絵師としての才能を咲かせていきます

兄、光琳に学んだ絵は、乾山により独特の風情のある、とてもおおらかな作品となり、茶人の間でもてはやされました。その後寬保三年(1743)に江戸で亡くなります。享年八十一歳でした。

尾形乾山の作品

尾形乾山と言えば、江戸時代に野々村仁清と並ぶ有名な陶芸家です。乾山は仁清の色絵陶器に影響を受け、更にそれを発展させます。それは煌びやかなものから、ゆるりとした作品まで幅広く陶器に描かれていました。

その乾山が晩年には絵画に力を注ぎ、数々の作品を遺しています。なかでも「桜に春草図」は、桜が生き生きと大きくしかもいとおしげに咲き誇っていますし、「紅葉に菊流水図」は、紅葉と菊が赤、白と色づき、せせらぎが聞こえてくる様な優しい雰囲気をだしていました。これらを並べてみると、伸び伸びと喜びにあふれた作品が共鳴しているように見えます。

陶芸家でありながら、文人でもあり、かつ日本画家でもあった乾山。文学を愛した奥深さが言葉となり、絵となって表現された独自の世界に、今でも誰もが引き込まれていくことでしょう。

作家情報の一覧

作家情報の一覧

当サイトでは幅広く「人間国宝」「日本画家」「洋画家」「中国作家」「陶芸家」について買取相場や詳細情報を紹介しています。

次のページで作家を一覧で紹介しています。

各作家情報の一覧

種類別で紹介!骨董品の買取情報

種類別で紹介!骨董品の買取情報

当サイトは尾形乾山を始めとした作家に関する買取情報以外にも、幅広い骨董品の買取相場や詳細情報をご紹介しています。

※骨董品買取業者は「古くて価値があれば基本買取してもらえます」ので、上記以外の骨董品も買取してもらう事も可能です。

ページのトップへ