川合玉堂買取に関する情報を提供するページ
川合玉堂買取に関する情報を提供するページ

川合玉堂情報の目次

このページでは次のように川合玉堂の情報を紹介します

川合玉堂作品の買取相場例一覧

日本画家川合玉堂作品の買取相場例一覧

当サイトは【骨董品・古美術買取ガイド】と名乗っている事もありますので、まずは川合玉堂作品の買取相場から紹介したいと思います。

「日本画家である川合玉堂の作品」と言っても、掛け軸や水墨画、版画など幅広い種類の作品があり、状態や作風によっても買取相場は異なります。

ですので、まずは過去の川合玉堂作品の取引事例を基に、様々な「川合玉堂」の作品がどれくらいの買取価格になるのかをご紹介します。

川合玉堂作品の買取相場一覧
作品 状態 買取相場
川合玉堂作:山水図掛軸(縦114.3cm・幅29.8cm) 難有り/修復跡有/鑑定書付 13万円~16万円
川合玉堂作:山水水墨画(縦111.5cm・幅42.8cm) 落款・印有/軸装/鑑定書付 45万円~61万円
川合玉堂作:鶏画(縦106.1cm・幅30.5cm) 落款・印有/共箱/鑑定書付 12万円~15万円
川合玉堂作:彩色画(縦46.7cm・幅60cm) 落款・印有/鑑定書・登録番号有 24万円~36万円
川合玉堂作:墨彩梅画(縦110.6cm・幅30.1cm) 落款・印有/修復跡有/登録番号付 21000円~55000円
川合玉堂作:山水画掛軸(縦45.2cm・幅56.8cm) 落款・印有/共箱/文献掲載 120万円~145万円
川合玉堂作:風景水墨画(縦115.5cm・幅50.1cm) 難有/落款・印有/鑑定書・鑑題箱 46万円~82万円
川合玉堂作:水墨画賛(縦34.6cm・幅44.5cm) 落款・印有/鑑定書・鑑題箱 25000円~33000円
川合玉堂作:水面彩色画(縦46.2cm・幅58.7cm) 落款・印有/共箱・鑑定書付 81万円~100万円
川合玉堂作:四曲一隻屏風(縦90.2cm・幅180.5cm) 難有/落款・印有/補修跡有/鑑定書付 45万円~75万円

川合玉堂作品
買取相場補足情報

日本画家である川合玉堂作品の買取相場は、原画の場合、状態がよければ概ね3万円以上の買取相場は十分に期待できるでしょう。ただ、上の買取相場一覧からもわかるように、川合玉堂作品の買取相場は物によってかなり差があり、数万円の買取価格に留まる品がある一方で数十万円単位の買取価格が付く価値の高い品も多くあります。

そして、過去の取引事例から考えると、特に高い川合玉堂作品は単体でも80万円~100万円程の買取価格が期待できる作品もあります。

ですが、素人が一見して川合玉堂作品の買取相場を算出することは難しいので、手軽かつ正確に日本画家川合玉堂作品の買取価格を調べる方法も紹介しておきます。

川合玉堂作品の正確な買取価格の調べ方

川合玉堂作品の正確な買取価格の調べ方

川合玉堂作品の買取価格例をいくつか紹介しましたが、個人でも簡単かつ正確に川合玉堂作品の買取価格を調べる方法があります。

それは、骨董品買取業者の無料メール査定を活用する事で川合玉堂の買取価格を簡単に特定できます。

WEB査定におすすめの骨董品買取業者は次の業者を参考にしてください。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、骨董品買取では特におすすめしている買取業者です。

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

川合玉堂について

川合玉堂について

川合玉堂は明治~昭和にかけて活躍した日本画家で、同じく画家の横山大観・竹内栖鳳と共に”日本画壇の三巨匠”と呼ばれます。日本の四季や自然風景を美しく表現した作品が多く、その地で生きる動植物や人間の姿も瑞々しく描いています。

では、概要はここまでにして川合玉堂という画家がどういう人物だったのかをまとめてご紹介いたします。

川合玉堂の生立

1873年11月24日、川合玉堂は愛知県葉栗郡外割田村に生まれました。本名を川合芳三郎といいます。筆墨紙商の家系だったこともあり、幼少時より筆や絵の具が身近にある環境で育ちました。

自然と絵画の世界を志すようになった芳三郎は、1890年ごろから玉堂と名乗るようになります。この時点で、すでに有名な博覧会で賞を取るほどの才能を見せていました。

川合玉堂にとっての大きな転機は、上京して橋本雅邦に弟子入りしたことです。岡倉天心や横山大観といった先輩たちとの交流を深めながら、玉堂は自分のスタイルを確立させていきます。玉堂のモチーフの多くは日本の豊かな自然でした。

繊細かつ美しい川合玉堂の描線と色彩は、美術界に広まっていきます。20代のうちに私塾「長流画塾」を主催し、多くの才能を育てるようになりました。山内多門、高橋玉淵といった画人も玉堂に教育を受けています。

川合玉堂のプロフィールは輝かしい経歴で占められています。1917年には帝室技芸員へと任命されたことをはじめ、1931年にはフランスのレジオンドヌール勲章を、1940年には文化勲章を受章するなど、生前から国内外より高い評価を得てきました。太平洋戦争中には空襲を逃れて現・青梅市に移住し、以後は自然に囲まれながら穏やかな老後を過ごします。1957年、最期のときを迎えるまで玉堂は同じ場所に住み続けていました。

決して報われないまま生涯を終えた芸術家も多い中、川合玉堂は多くの尊敬を集め、家族や友人にも恵まれた人生を送りました。

川合玉堂の作品について

川合玉堂は青春時代に狩野派、円山四条派といった日本の古典的な絵画の影響を受けました。一方で、西洋美術なども積極的に取り入れる柔軟性があり、さまざまなタッチを追及していきます。そのため、玉堂の作風を一言で表現するのは至難の業です。代表作「紅白梅」のように豪華な屏風絵から、「彩雨」のように繊細な水墨画まで、モチーフごとに表現方法を変えて自然の美しさを表そうとし続けました。

さらに、玉堂の年齢によっても作品の印象は大きく変わります。初期作品からは「鵜飼」のように、ダイナミックで力強い印象が顕著です。一方、後期の「屋根草を刈る」などの作品になると、青梅市で玉堂が触れた人々の営みや農村ののどかさが強調されていきます。

また、川合玉堂は生涯を通じて俳句を趣味としており、晩年には「多摩の草屋」という作品集も刊行しています。名声に溺れることなく庶民の生活と自然を愛し、目に映る風景をありのままの美しさで作品に反映させた画家といえるでしょう。

作家情報の一覧

作家情報の一覧

当サイトでは幅広く「人間国宝」「日本画家」「洋画家」「中国作家」「陶芸家」について買取相場や詳細情報を紹介しています。

次のページで作家を一覧で紹介しています。

各作家情報の一覧

種類別で紹介!骨董品の買取情報

種類別で紹介!骨董品の買取情報

当サイトは川合玉堂を始めとした作家に関する買取情報以外にも、幅広い骨董品の買取相場や詳細情報をご紹介しています。

※骨董品買取業者は「古くて価値があれば基本買取してもらえます」ので、上記以外の骨董品も買取してもらう事も可能です。

ページのトップへ