伊藤若冲買取に関する情報を提供するページ
伊藤若冲買取に関する情報を提供するページ

伊藤若冲情報の目次

このページでは次のように伊藤若冲の情報を紹介します

伊藤若冲作品の買取相場例一覧

日本画家伊藤若冲作品の買取相場例一覧

当サイトは【骨董品・古美術買取ガイド】と名乗っている事もありますので、まずは伊藤若冲作品の買取相場から紹介したいと思います。

「日本画家である伊藤若冲の作品」と言っても、花鳥図や植物画まで幅広い種類の作品があり、状態や作風によっても買取相場は異なります。

ですので、まずは過去の伊藤若冲作品の取引事例を基に、様々な「伊藤若冲」の作品がどれくらいの買取価格になるのかをご紹介します。

伊藤若冲作品の買取相場一覧
作品 状態 買取相場
伊藤若冲作:水墨山水図(縦112.8cm・幅41.8cm) 印有/補色有/箱付 160万円~240万円
伊藤若冲作:水墨鶏図(縦94.5cm・幅26.8cm) 落款・印有/軸装 80万円~145万円
伊藤若冲作:水墨画鯉図(縦110.6cm・幅43.1cm) 印有/箱付 130万円~220万円
伊藤若冲作:水墨花鳥図(縦115.1cm・幅44.6cm) 難有り/修復跡有/箱付 69万円~150万円
伊藤若冲作:水墨芭蕉画(縦101.4cm・幅26.8cm) 落款・印有/箱付 30万円~65万円
伊藤若冲作:鶏画水墨掛け軸(縦89.6cm・幅27.1cm) 印有/箱付 86万円~120万円
伊藤若冲作:双幅掛軸(縦101.5cm・幅30.1cm) 落款・印有/箱付 110万円~180万円
伊藤若冲作:水墨牡丹図(縦116.8cm・幅49.1cm) 印有/箱付 95万円~155万円
伊藤若冲作:水墨植物画(縦103.4cm・幅27.8cm) 印有/箱付 185万円~200万円
伊藤若冲作:水墨菊花図(縦100.2cm・幅28.5cm) 印有/箱付 63万円~110万円

伊藤若冲作品
買取相場補足情報

日本画家である伊藤若冲作品の買取相場は非常に高く、もし本物で状態がよければ概ね100万円以上の買取相場は十分に期待できるでしょう。 破れやシミ・傷みがひどい作品だと買取相場としては少し下がりますが、それでも数十万円単位の買取価格は期待できます。

そして、過去の取引事例から考えると、特に高い伊藤若冲作品は単体でも200万円~800万円程の買取価格が期待できる作品もあります。伊藤若冲作品は知名度・人気も高く需要もあるので、相場も高額になりやすくなります。

ですが、伊藤若冲作品は写しやレプリカ品も多く、素人が一見して伊藤若冲作品の真贋や買取相場を算出することは難しいので、手軽かつ正確に日本画家伊藤若冲作品の買取価格を調べる方法も紹介しておきます。

伊藤若冲作品の正確な買取価格の調べ方

伊藤若冲作品の正確な買取価格の調べ方

伊藤若冲作品の買取価格例をいくつか紹介しましたが、個人でも簡単かつ正確に伊藤若冲作品の買取価格を調べる方法があります。

それは、骨董品買取業者の無料メール査定を活用する事で伊藤若冲の買取価格を簡単に特定できます。

WEB査定におすすめの骨董品買取業者は次の業者を参考にしてください。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、骨董品買取では特におすすめしている買取業者です。

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

伊藤若冲について

伊藤若冲について

伊藤若冲は江戸時代中期の京都にて活躍し、写実と想像を巧みに組み合わせ”奇想の画家”とも称される日本画家です。

では、概要はここまでにして伊藤若冲という画家がどういう人物だったのかをまとめてご紹介いたします。

伊藤若沖の軌跡

正徳六年(1716)二月八日に、京都にある青物市場の問屋の長男として誕生しました。十代半ば頃から絵画を習い始めますが、家業である枡屋の四代目源左衛門を、父の死後襲名することになります。二十三歳のことでした。

しかし若沖は絵を描くこと以外他のことには全く興味を示さなかったと言われています。ですから生涯結婚することもありませんでした。

そんな若沖に転機が訪れたのが宝暦五年(1755)、四十歳のことです。三歳年下の弟に家督を譲ることにし、名を茂右衛門として隠居するのでした。この頃から本格的に絵画の道へと進むことになります。

最初は狩野派の技術を学び、宋元画である水墨画や仏画を模写するようになり、それに飽きてきたら実物写生へと移行していきました。庭に鶏を放して写生し始め、草木や様々な自然の生き物を描いてきます。それらが「動植綵絵」です。これを四十代には完成させ、その翌年には鹿苑寺大書院障壁画を生み出しました。

その後明和元年(1764)には金毘羅宮奥書院襖絵を描きます。しかしその翌年に末の弟が死去したことで、「動植綵絵」の大部分と、「釈迦三尊図」などを相国寺に寄進することにしました。

その後天明八年(1788)に起こった天明の大火により、自宅が焼失してしまいますが、豊中の西福寺や伏見の海宝寺で大作の障壁画を手がけます。晩年は伏見の石峰寺で暮らすことになり、そこで五百羅漢石像や天井画に尽力します。

そして若沖は寛政十二年(1800)九月十日、八十五歳という長寿を全うし永眠につきました。まさに近世を代表する日本画家でした。若沖は石峰寺に埋葬され、お墓は上京相国寺と石峰寺の二カ所にあります。

伊藤若沖の作品

「動植綵絵」三十幅は若沖の代表作です。宝暦七年(1757)~明和三年(1766)頃にかけて、様々な動植物が緻密で華麗に描かれている彩色画で三十枚の連作です。

中でも、群鶏図は最も有名で十三羽の鶏がひしめきあっている様子は、羽の彩りの鮮やかさや、躍動感ある構図に若沖の世界を垣間見た気がします。赤いとさかが一羽ずつの生命力を感じ、ふわふわと揺れる羽や鳴き声までもが聞こえてくるようです。

晩年になりこの大部分が相国寺に寄進されましたが、明治二十二年(1889)に皇室に献上され、現在は宮内庁の三の丸尚蔵館に保管してあります。他にも数多くの作品が残されていますが、晩年のもので寛政七年(1795)の「象と鯨図屏風」という作品があります。これは水墨画です。

六曲一双の屏風の右側に白象が描かれ、左側には黒鯨が描かれています。大海から鯨が勢いよく潮を吹き勇ましく泳いでいる様子と、どっしりと地に座り長い牙と鼻を天に高く上げ吠えている象の雄大さが、美しく呼応しているように感じます。鯨を包む優しい波と、象に寄り添うように描かれている牡丹の花が、なんとも形容しがたい安心感を与え、不思議な調和を作り出している作品です。

心のままに描きたいものを描きたいように描く崇高さこそが、絵師伊藤若沖なのかもしれません。

作家情報の一覧

作家情報の一覧

当サイトでは幅広く「人間国宝」「日本画家」「洋画家」「中国作家」「陶芸家」について買取相場や詳細情報を紹介しています。

次のページで作家を一覧で紹介しています。

各作家情報の一覧

種類別で紹介!骨董品の買取情報

種類別で紹介!骨董品の買取情報

当サイトは伊藤若冲を始めとした作家に関する買取情報以外にも、幅広い骨董品の買取相場や詳細情報をご紹介しています。

※骨董品買取業者は「古くて価値があれば基本買取してもらえます」ので、上記以外の骨董品も買取してもらう事も可能です。

ページのトップへ