青木大乗買取に関する情報を提供するページ
青木大乗買取に関する情報を提供するページ

青木大乗情報の目次

このページでは次のように青木大乗の情報を紹介します

青木大乗作品の買取相場例一覧

日本画家青木大乗作品の買取相場例一覧

当サイトは【骨董品・古美術買取ガイド】と名乗っている事もありますので、まずは青木大乗作品の買取相場から紹介したいと思います。

「日本画家である青木大乗の作品」と言っても、果実画や富士山彩色画など幅広い種類の作品や題材があり、状態や作風によっても買取相場は異なります。

ですので、まずは過去の青木大乗作品の取引事例を基に、様々な「青木大乗」の作品がどれくらいの買取価格になるのかをご紹介します。

青木大乗作品の買取相場一覧
作品 状態 買取相場
青木大乗作:果実画 難有/落款・印有 28000円~41000円
青木大乗作:富士山風景画(縦46.5cm・幅57.8cm) 落款・印有/シミ有 51000円~68000円
青木大乗作:ガーベラ画 落款・印有/額付 31000円~54000円
青木大乗作:彩色果実画(縦47.5cm・幅58.7cm) 難有り/落款・印有/額付 25000円~33000円
青木大乗作:花瓶に花(縦39.5cm・幅50.5cm) 落款・印有/難有 13000円~25000円
青木大乗作:鯛彩色画(縦48.5cm・幅55.5cm) 落款・印有/シミ・ヤケ有/共箱 28000円~33000円
青木大乗作:果実画(縦50.5cm・幅56.8cm) 落款・印有/額付 9000円~16000円
青木大乗作:鉢と果実画 落款・印有/額付 39000円~45000円
青木大乗作:花油彩画(縦46.1cm・幅32.5cm) 難有/サイン有/額付 25000円~38000円
青木大乗作:富嶽画(縦43.2cm・幅103.5cm) 落款・印有/額装 31万円~45万円

青木大乗作品
買取相場補足情報

日本画家である青木大乗作品の買取相場は、状態がよければ概ね2万円以上の買取相場は十分に期待できるでしょう。ただ、希少性がそこまで高くない小作の場合は1万円前後の買取価格に留まる例もあり、小作か大作かによっても買取相場が変わってきます。

そして、過去の取引事例から考えると、特に高い青木大乗作品は単体でも30万円~40万円程の買取価格が期待できる作品もあります。

ですが、素人が一見して青木大乗作品の買取相場を算出することは難しいので、手軽かつ正確に日本画家青木大乗作品の買取価格を調べる方法も紹介しておきます。

青木大乗作品の正確な買取価格の調べ方

青木大乗作品の正確な買取価格の調べ方

青木大乗作品の買取価格例をいくつか紹介しましたが、個人でも簡単かつ正確に青木大乗作品の買取価格を調べる方法があります。

それは、骨董品買取業者の無料メール査定を活用する事で青木大乗の買取価格を簡単に特定できます。

WEB査定におすすめの骨董品買取業者は次の業者を参考にしてください。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、骨董品買取では特におすすめしている買取業者です。

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

青木大乗について

青木大乗について

青木大乗は1891年(明治24年)5月1日に大阪で生まれた画家で、洋画のち日本画に転じ、晩年には水彩画で独自の境地を築きました。富士や果実画、魚の姿など写実を基本とした趣深い作品が多く、新しい日本画の姿を常に模索し続けた画家でした。

では、概要はここまでにして青木大乗という画家がどういう人物だったのかをまとめてご紹介いたします。

明治~昭和に活躍した日本画家「青木大乗」

西洋画科から日本画家に転向し、写実を基本とした静かな趣の画風を確立しました。大日美術院を結城素明・川崎小虎らと共に作り、新しい日本画の表現について模索した人物です。

青木大乗の経歴など

青木大乗の本名は青木精一郎、初号は広峰と言います。 青木大乗は1981年(明治24年)に大阪で生まれ、天王寺中学校を卒業したのち、京都関西美術院で洋画を、京都絵画専門学校で日本画を学びました。絵画に対して貪欲で、ジャンルにとらわれず、広く深く絵画の技術を身につけていきます。

1924年、新燈社洋画研究所を立ち上げ展覧会を行いますが、1935年に解散。これ以降、日本画に転向します。絵画業界に新しい発想を広めるために、1937年、46歳の時に日本画家、結城素明(ゆうきそめい)川崎小虎(かわさきしょうこ)等とともに「大日本美術院」を立ち上げ、公募展を開催します。新しい日本画を打ち出していく青木大乗は、美術業界で次第に注目を集めていきます。

1952年に大日本美術院は解散、無所属として活動を続けます。その後1963年に大阪芸術賞を受賞、6年後には東京の高島屋にて「回顧展」を開催し、1978年には朝日新聞社主催の「米寿展」を開催する等、画家として精力的な活動を続けます。晩年は水墨画に新境地を開拓し、青木大乗の大胆な構図は沢山の人々を驚かせました。

1979年(昭和54年)心不全のため、兵庫県加西市の自宅で息を引き取ります。享年91歳でした。

青木大乗の代表作

西洋画の幾重にも重ねた色彩からにじみ出る奥行きと深み、日本画の凛とした静かな空気感を併せ持つ青木大乗の静物画は、不思議な魅力で見る人をひきつけ離しません。

終生どこかの団体に所属することがなかった孤高の画家であった青木大乗は、そのスタイルから「野武士」とも呼ばれていました。アウトサイダーとして活動し続けた青木大乗は、結果的に誰の模倣でもなく他の追随を許さない、後世まで伝わる作品を作り上げることが出来たのです。

代表作は、「香心」(1924年)「焚火」(1937年)「古代土器」(1959年)「鯛」(1967年)「大鯛」(1977年)「大自然の微笑」(1978年)などがあげられます。

作家情報の一覧

作家情報の一覧

当サイトでは幅広く「人間国宝」「日本画家」「洋画家」「中国作家」「陶芸家」について買取相場や詳細情報を紹介しています。

次のページで作家を一覧で紹介しています。

各作家情報の一覧

種類別で紹介!骨董品の買取情報

種類別で紹介!骨董品の買取情報

当サイトは青木大乗を始めとした作家に関する買取情報以外にも、幅広い骨董品の買取相場や詳細情報をご紹介しています。

※骨董品買取業者は「古くて価値があれば基本買取してもらえます」ので、上記以外の骨董品も買取してもらう事も可能です。

ページのトップへ